専業主婦ってキホン無職ですけど、なんでキャッシングできるの?

専業主婦ですが、ショッピングだけでなくキャッシングを利用しようと思っています。クレジットカードの限度額で足りなければ、カードローンを新規に組もうかと。そこで疑問に思ったのは、無職である専業主婦へのローン商品って大丈夫なのか、ということです。事前に夫との相談が必要なのでしょうか。できれば内緒で借りて、月々の節約(へそくり)で返したいのですが…。

銀行系のカードローンなら専業主婦でも融資を受けやすくなっています

「専業主婦でも借りられる」とか、「専業主婦にやさしいカードローン」といったキーワードのローン商品や店舗はよく見かけます。金融機関としてはできるだけ、利用者を増やしたい意向がありますから、専業主婦だからといって、門前払いは基本的にありません。

問題は、借りるときの審査の内容が会社によって大きく異なるということです。専業主婦に融資する際は、いざとなったらご主人に代わりに払ってもらおう、という単純な方針の会社はほとんどなく、きちんと申込者個人に対しての審査が行われます。

まず、手続きが複雑なのが、消費者金融や信販系の融資会社。これらは、最近改定された貸金業法のなかでも「総量規制」の対象を受けます。総量規制は年収の三分の一までしか融資ができない、と融資会社を規制するため、年収がない場合は、配偶者に確認をとり、夫婦での年収を基準に融資が行われます。この確認は、婚姻届、配偶者の同意書・収入証明書などが必要となります。

ということは、もしご主人に内緒で借りて内緒で返済しようと思っている専業主婦の方にとってはこの手段はとりづらいですね。では、もっと審査が極端に甘いことをうたう小さな金融会社や、電柱の貼り紙でPRしているような融資先に連絡すべき?いえいえ、それは違法なヤミ金のワナにはまる可能性があり、危険です。

本来、離婚の際の財産分与や相続などでは、夫婦で貯めた貯金などの財産は、夫婦の共同のものとされます。働き手の夫のサポートをした専業主婦も、この面では完全に無収入で食べさせてもらってるだけ、の存在ではありません。上記の消費者金融への総量規制と異なる融資をする金融機関もあります。

それは銀行です。銀行は銀行法に基づいて融資を行い、その点で総量規制の対象外です。ですから、従来と同じく、融資が一定額以下であれば、だれでも収入を証明する書類は不要、上記のような配偶者の同意書も当然、不要というわけです。

審査自体は、それまでの借入状況(個人信用情報)が主に重視されます。基本的には銀行系のしっかりした信用判断をされます。銀行という安心感や低金利を考えれば、多少審査が厳しめでもしょうがないというところでしょうか。

ただし、注意しなければならないのは、ほとんどの融資契約が、支払延滞があった場合、または支払意志がないと判断された場合、全額一括返済の督促がある、という点です。銀行の場合も同様で、その場合は配偶者含め家族にバレてしまうことは覚悟しなければならないでしょう。

専業主婦や無職のひとはキャッシングはできるの?

急にお金が必要になるというのは、誰にでも起こり得ることです。例えば、それが主婦や無職の人であっても。しかし、キャッシングを利用できる人の条件には「安定した収入」の文字を見ることが多いと思います。この「安定した収入」とはどの程度のものなのでしょうか。定職に就いていなければいけないのでしょうか。そうなると、主婦や無職の人はキャッシングの利用はできないということでしょうか。このような疑問について解説したいと思います。

有名な消費者金融のホームページを見てみると、やはりあります。「安定した収入」の文字が。しかし、パートやアルバイトでも収入が安定していればキャッシングは可能とも書かれており、必ずしも定職に就いていなければならないというわけではないようです。そのため、主婦でもパートをしているという人であれば、問題なくキャッシングの利用が可能と言えます。

しかし、中にはパートもしていないという人もいるでしょう。専業主婦のため、無職という人も少なくないと思います。こうした人達はキャッシングはできないのでしょうか。金融機関にもよりますが、専業主婦でも配偶者にきちんとした収入があればキャッシングは可能なようです。ただし、自分には収入がなく配偶者のみに収入があるという場合には金額に制限がある場合もあり、この場合では上限が30万円ほどだそうです。とはいえ、本人に収入がないからと言って門前払い、ということばかりではないようです。

同じ無職ということで言えば、学生も同様です。一般的に、キャッシングの利用年齢は20歳以上となっていますが、ここには学生が含まれないことも多かったのです。しかし、最近では学生でも20歳以上であれば申し込めるようになった金融機関もあります。アルバイトをしていて収入のある人ならば、キャッシングの検討もありかもしれません。さて、では結婚もしていない、パートもアルバイトもしていないという上記に当てはまらないという人はどうすれば良いのでしょうか。

色々と裏技があるようなのですが、少々危ない橋を渡る危険性もありますので、ここでは紹介しません。気になる人は、検索をしてみてください。それよりも安全なのは、新しく事業を始めるということで銀行からの融資を受けるということです。ただし、無職ということで100%の保証はありませんし、審査に時間がかかるかもしれません。この手間を惜しまずにすることがポイントです。いずれにしても、主婦や無職という場合でもキャッシングを利用できる可能性はあります。しかし、審査に時間はかかるし、審査落ちするかもしれません。それでも、本当にお金が必要なのであれば、諦めずに審査を受けることを検討してみてはいかがでしょうか。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 【キャッシングブラック】諦めてませんか?まだあった優良店! All Rights Reserved.