カードローン支払延滞はどんな事故情報に?

キャッシングベスト3

カードローン、支払延滞も事故歴として残る?その期間は?

カードローンなどでお金を借りて、返済できずに自己破産したらその情報が全国の金融機関にわかるようになるってあります。でも、返済を終了したけどときどき支払いが遅れたっていう場合も事故歴として記録が残るのでしょうか。その場合、自己破産より短い期間で記録が消えるのでしょうか。

支払いの延滞記録の登録期間は、一般的に5年といわれています

個人が借入れをすると、それが銀行でも消費者金融でも、自動車のローンでも、携帯電話の分割払いでも、同じように記録されます。記録されるのは信用情報機関のデータベースです。この信用情報機関は複数あり(個人向けでは3機関)、それぞれが微妙に異なる特徴(それぞれの登録方法や登録期限など)をもっています。

登録される内容としては、以下があります。
(1)審査をする際、融資会社がこの信用情報に照会したこと
(2)借入れをし、入金がされた、という記録
(3)(2)ができていない、支払い遅延で入金されたこと
(4)督促を何回も無視したりして、一定期間(例:3か月)以上の遅延があったこと
(5)自己破産など、支払い不能になったこと
上記の(1)、(2)は別に問題はなく、むしろきちんと返済をすれば、その人の個人信用情報は優良となり、審査に通りやすくなります。

一方、(3)以降がある場合、いわゆる「ブラックリスト入り」の情報が記録され、次回以降の融資の審査に通りにくくなります。記録が残る期間は、事故情報の重大さにより、延滞は基本的に短くなります。

信用情報機関により異なるのですが、一般的に登録期間は次のようになっています。
・延滞は、1年~5年。
・保証会社などが代わりに支払ったこと(代位弁済)は、5年
・自己破産などは、7年~10年

こうした記録は、それぞれの信用機関のサイトから申請することができます。その開示情報をみれば、具体的に事故歴が○年○月○日まで、という期限が記録されています。審査のたびに不安な気持ちになるよりは、一度申請・確認するのが精神衛生上いいかもしれませんね。

カードローンの事故歴とは?いつまで残っているものなの?

カードローンに事故歴というものがあるのをご存知でしょうか。これはローン事故の記録を指すもので、具体的には長期延滞、代位弁済、債務整理、自己破産のことを言います。聞きなれないのは代位弁済という言葉だと思います。代位弁済とは、債務者に代わって保証会社が返済を行うもので、お金を貸した側の金融機関の返済は終わっていますが、保証会社への返済が終わっていないとされます。また、保証人が代わりに支払っても代位弁済と見なされます。

このような事故歴があると、その後のキャッシングにどのような影響が出てくるのでしょうか。延滞以外の事故を起こしてしまうと、しばらくの間カードローンを使うことができなくなります。考えてみればそうですよね。延滞はとりあえず返済をしていることになりますが、それ以外は借りた分をきちんと返済できなかったということになります。そのような人に、金融機関がお金を貸したいと思うわけがありません。延滞以外のことをしようと思っているのであれば、それなりの覚悟をもってやってください。

とは言っても、事故歴も一生残るというわけではありません。ですから、債務整理や自己破産をした人でもいずれはカードローンを使えるようになります。ここで気になるのが、事故歴が消えるまでの時間です。事故の記録は、個人信用情報機関というところに保管されます。金融機関はここの情報を見ることで、申し込んだ人に事故歴がないかを確認するのです。会社によって事故歴の保存期間は異なりますが、延滞ならば1年~5年、代位弁済、債務整理、自己破産ならば5年~10年くらいでこの情報は消えます。ですから、この期間を過ぎればカードローンを組む時に事故歴を見られる心配はありません。

しかし、この事故歴が消える前にお金が必要となることもありますよね。延滞以外の事故を起こしてしまった場合は、まず借りられないと思った方が良いですが、延滞ならば話は別です。きちんと返し終わっている状態でならば、申し込み時に自分から事故歴があることを話してしまいましょう。どうせ隠してもばれるのですから、自己申請した方が印象は良くなります。返済が終わっているということを証明できれば、審査に通る可能性も高くなります。逆に言えば、返済が終わっていない状態で申し込みをしても落とされるということです。事故歴は、間違いなく自分の首を絞めます。普段からきちんと返済できるように過ごしていってください。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 【キャッシングブラック】諦めてませんか?まだあった優良店! All Rights Reserved.